スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JR西歴代3社長 起訴へ 遺族「これで言葉聞ける」(産経新聞)

 JR福知山線脱線事故をめぐり、JR西日本の歴代3社長の強制起訴が26日、決まった。乗客106人の命を奪った事故から間もなく5年。遺族が求め続けた真相解明への重い扉がようやく開いた。一方、「刑事責任は免れない」と判断を下されたJR西側は「真摯に受け止める」と頭を下げた。

 審査を申し立てた遺族らは神戸第1検察審査会の議決内容を評価するとともに、今後、神戸地裁で行われることになる公判に期待を寄せた。

 次男の昌毅さん=当時(18)=を亡くした上田弘志さん(55)=神戸市北区=は午後6時過ぎに神戸地裁に駆けつけ、議決要旨が張り出された掲示板を食い入るように見つめた。目からは涙があふれ、昌毅さんの遺影を掲示板に近づけては何度も読み返した。

 自宅で弁護士から議決を聞いた上田さんは、昌毅さんに「一緒に行こうね」と声をかけ、遺影をかばんにしのばせた。「息子と一緒に確かめたかった。自分の目で確かめられてよかった」と目をうるませ、「審査会も遺族の思いを理解してくれた。裁判で有罪判決が出たかのような気持ち」と議決を評価した。

 母と叔母を亡くし、自らも重傷を負った浅野奈穂さん(37)は、被害者の前に姿を見せなかった元相談役の井手正敬氏(74)について「これで逃げ場がなくなり、彼の言葉が聞ける」。

 一方で、浅野さんは「裁判で目の前にしたら悔しさが込み上げたり、別の感情が生まれたりしてしんどいと思う」とも話した。

 一方、JR西日本の佐々木隆之社長(63)は26日夕、大阪市北区の本社で記者会見。「(起訴)議決を重く受け止めている」と述べ、遺族や負傷者らに改めて謝罪した。

 佐々木社長は会見の冒頭で謝罪した後、「弊社の経営を担ってきた者に対し、このような判断がなされた事実を真摯に受け止めなければならない」と一気に言葉を続け、深々と頭を下げた。

 ■池田良彦東海大教授(刑事過失責任論)の話

 「検察審査会が被害者感情を重視するのは当然だが、法律論との間には埋めがたいギャップがある。3人が、『犯罪者』として結果回避義務を怠ったとの責任まで問うのは難しいのではないか。ただ、現状では事故被害者へのサポート体制は不十分で、感情をぶつける先が刑事裁判しかないという面もある。国は被害者救済の充実に取り組む必要がある」

【関連記事】
「最高責任者の責任」めぐり検察と検審に相違 JR西歴代3社長起訴議決
起訴議決に涙 遺族「息子と一緒に確かめたかった」 JR福知山線事故
「必要な協力していきたい」JR西の起訴議決で神戸地検次席
強制起訴に「2つの壁」 JR福知山線脱線事故で検審議決
JR脱線で重傷の近大生 「人の役に」新たな一歩

国松警察庁長官銃撃事件の時効成立(読売新聞)
<豪華客船>サン・プリンセスを報道陣に公開(毎日新聞)
両陛下、国際会議の開会式に(時事通信)
里見女流名人CMデビュー!人気将棋漫画のCMで(スポーツ報知)
<子ども手当法>成立 6月から支給(毎日新聞)
スポンサーサイト

「家計費の節約になるなら…」 主婦、CO2削減負担どうする?(産経新聞)

 CO2削減の費用を自己負担することについて、家計を預かる主婦はどのように考えているかを聞きました。

 30代は「家計費の節約につながるなら協力したい」が最多で67%。「家計費がプラスマイナスゼロまでなら協力したい」も29.3%の一方、「負担が増えても協力したい」は2.3%にとどまりました。しかし、年代が高くなるにつれて「負担が増えても協力」の割合は増え、50代で4.1%、60代は7.8%に。環境への関心以上に、子育て世代とシニア世代の経済的余裕の差が背景にありそうです。

 ★反対・賛成それぞれの声

・協力したいが家計がとても苦しく、その余裕がない(30代)

・もっと国がうまくやりくりすべき(40代)

・全世帯でやれば少ない負担額でも大きな効果がありそう。何か始めないといけない(50代)

                   ◇

 女性のための生活情報紙・リビング新聞WEB(えるこみ)アンケートから。2月4~9日実施、有効回答数1849。

【関連記事】
「原発推進」を明記 温暖化法案を閣議決定へ 民主内から反発も
「低炭素生活」で家庭はどうなる? 温室効果ガス25%削減の根拠は?
環境税具体案、家計負担は年1127円増
マイカー優遇は「不公平」か…高速無料化に自動車関連減税導入の是非
負担は1世帯「650万円増」

<蒸気機関車>ぽっぽー春の音…「SLやまぐち号」出発進行(毎日新聞)
<日韓歴史研究>「教科書」溝埋まらず 継続危うく(毎日新聞)
子供の夢収めたビデオカプセル、千葉県が紛失(読売新聞)
幻の銘酒も…越後の蔵元一堂に にいがた酒の陣2010(産経新聞)
10年度予算 成立…過去最大92兆円(毎日新聞)

<iPS細胞>疾患には逆効果?脳梗塞マウス、移植後に腫瘍(毎日新聞)

 脳梗塞(こうそく)のマウスに、人工多能性幹細胞(iPS細胞)を移植すると、脳に巨大な腫瘍(しゅよう)ができることが、岡山大の河相裕美大学院生と阿部康二教授らの実験で分かった。正常な脳では異変はなかった。iPS細胞は臓器再生への応用が期待されているが、疾患があると逆効果になる可能性があることを示している。近く英専門誌「脳循環代謝学会誌」に発表する。

 研究チームは、梗塞で損なわれた脳の細胞を再生するため、iPS細胞に注目。人工的に脳の血流を遮断してマウスに脳梗塞を起こし、1日後にiPS細胞を移植した。

 その結果、移植した直後に比べて腫瘍の大きさは2週間後に6倍、1カ月後に10倍になった。また、iPS細胞の作成に欠かせない4種類の遺伝子のうち、がん化を招きやすい遺伝子c-Mycの働きも時間とともに大幅に活発化することも確認できた。

 これに対し、正常な脳にiPS細胞を移植しても腫瘍はできなかった。

 このため、正常な脳にiPS細胞の分化を抑える未知のたんぱく質が存在するか、梗塞脳にiPS細胞の働きを活発化させて腫瘍を増やす未解明のたんぱく質が存在している可能性が考えられる。

 阿部教授は「腫瘍化を制御するたんぱく質が特定できれば、iPS細胞を病気の治療に効率よく使う道が開かれる」と話す。【田中泰義】

【関連ニュース】
iPS細胞:「腸」作成…「立体」は世界初…奈良県立医大
学士院賞:iPS細胞研究の山中氏ら11人に
iPS細胞:遺伝子やウイルス使わずに作成 米大が成功
幹細胞による再生医療
iPS細胞:薬品投与で作成成功 遺伝子やウイルス使わず--米ハーバード大チーム

<離任式>岸壁から「先生、ありがとう」 岩手・大船渡(毎日新聞)
波元会長にきょう判決=無罪主張、求刑懲役18年-「円天」詐欺事件・東京地裁(時事通信)
愛知学院大・法科大学院「不適合」認定(読売新聞)
ストリートコンピューティング あす「小池スタイル8耐」(産経新聞)
参院選「民主単独過半数は期待せず」(産経新聞)

カテーテルに空気混入=入院患者が死亡-静岡(時事通信)

 国立病院機構静岡医療センター(静岡県清水町)は19日、入院していた同県東部の80代男性が、カテーテルから血管内に空気が混入したとみられる事故で死亡したと発表した。同センターは異常死として県警沼津署に届け出た。同署は業務上過失致死の疑いもあるとみて調べる。
 センターによると、男性は2日に下部胆管がんの摘出手術を受け、首から心臓付近までの静脈にカテーテルを挿入されていた。6日午後、点滴に薬液を混ぜ投与する器具の連結部が緩み、液が漏れているのに看護師が気付いて締め直したが、約10分後に容体が急変し、12日に死亡した。 

【関連ニュース】
公立病院医師ら書類送検=薬誤投与の疑い
グループホーム火災、7人死亡=「ストーブから火」
ゴルフ場で生き埋め、1人死亡=水道工事中、掘った穴に
元理事長、業過致死罪で起訴=山本病院事件
山本病院事件、容疑者が死亡=留置場で突然倒れる

北方四島のビザなし交流に入港税「受け入れは困難」 政府答弁書(産経新聞)
生活保護費を詐取、大阪の占い師を起訴(産経新聞)
発砲 暴追運動の町で自治会役員宅に弾痕6発 北九州(毎日新聞)
<連立政権>社民、国民新両党 存在感出すも支持率伸び悩み(毎日新聞)
【科学】山崎さん、宇宙で「南極食」 凍結乾燥の卵焼き、牛肉しょうが焼き(産経新聞)

【ゆうゆうLife】病と生きる 学習院大学名誉教授 篠沢秀夫さん(76)(産経新聞)

 人気クイズ番組「クイズダービー」に出演し、珍答や穏やかな笑顔で視聴者を楽しませてくれた学習院大学名誉教授の篠沢秀夫さんが、進行性の筋肉の難病「ALS(筋萎縮(いしゅく)性側索硬化症)」であることを明らかにした。最近までフランス旅行を引率するなど元気だったが、今は自宅で人工呼吸器を付け、静かに過ごしている。「古代の人の心です」と言う。インタビューは筆談だった。(牛田久美)

                   ◇

 とにかく、対応の仕方が発明されていない病気だと東京大学病院でうかがいました。呼吸機能がストップしてしまうのが半年後か10年後か、それも分からないと聞きました。

 《ALSは、脳から脊髄(せきずい)などに運動をする命令が下りる通り道に何かが起こり、全身の筋肉がだんだん衰えていく。一方、目を動かす筋肉や意識は最後まで残るという》

 そこで病状悪化の前に、胃に(栄養食を流し込む)胃ろう、のどに人工呼吸器を付ける手術を受けました。のどに7センチもの管が入っています。去年の春に入院したのは、自宅で便秘になってトイレで何度も力んだら、ぐったり倒れてしまったためでした。やはり呼吸が弱いのか。網の中に入れて2階から担ぎ降ろされ、救急車で運ばれました。

 《初夏に退院。現在は妻の礼子さんが自宅で介護している。元気だっただけに「パパ(篠沢さん)は、浦島太郎が乙姫様からもらった玉手箱を開けたみたい」と語る》

               □ ■ □

 夕方には、仏作家、モーリス・ブランショの『謎のトマ』を訳しています。1941(昭和16)年の初版本はフランスでも売っていません。ぼくは59年にこれをパリの古本屋で見つけた。91年に80歳を超えていたブランショに手紙で初版の翻訳の許可を願い、「よろしい」という手紙をいただきました。毎日1時間か2時間、少しずつ訳しています。今は145ページ、半分を超えました。

 ブランショは戦後の仏文学の背骨といわれる作家です。日本では(戦前のヴァレリーと比せられ、戦後最大の)評論家というイメージですが、小説はいくつもあります。その処女作、しかも大作です。ドイツに占領された時期に出版されました。トマが海に入ると「水の不在を感じた」という特別な世界です。占領軍の検閲には引っかかりませんでした。よくもこんなに抽象的な世界を描き続けられるな、と感心しながら訳しています。

 ほかに刊行予定は2冊、進行中が2冊。『思い出の美しい教え子たち』は入院中に書き始めました。自分の本が出るのを待ち、別な本をじりじり進める。漸進的な毎日です。

               □ ■ □

 一日中、同じ景色を眺めています。数年前から、木に人の名前を付けるくせがあります。散歩の道すがら休む公園の木です。

 教え子の名を付け始めたのは、定年退職の2、3年前からでした。窓から見えるヤシは前から娘、茜の木です。ヒマラヤ杉は当時の教え子の木。2人ともほかの木と合わせるとそれぞれ7本あります。小さい柿の木はフランス地方旅行にお母様と参加した教え子、常緑樹も竹林も教え子たちの木です。居間に座ると竹林が見えます。

 家族と教え子に囲まれて暮らしています。最近、お会いした心に残る方、お世話になった方も覚えている木に名を付けています。命名木は先月、家内に306本と言いましたが、今は312本です。(東京・豊島の)長崎公園では高台まで石段を上って、心に「ネオ・アルカイスム万歳!」と5回叫ぶことにしていました。新古代主義です。もうすぐ刊行される『世界は一つ 人類も一つ』(文芸春秋)は新古代主義の本です。古代の人は付き合う範囲が狭いから、身の回りにだけ目を向け、楽しく暮らしていました。その心でおります。基準をもうけたり比較をしない。身のまわりを愛する古代の心で、現代を生きましょう。

                   ◇

【プロフィル】篠沢秀夫

 しのざわ・ひでお 昭和8年6月、東京都生まれ。東京大学大学院修士課程修了後、フランスに留学。人気クイズ番組「クイズダービー」に11年近く出演し、親しまれた。ジョルジュ・サンド、モーリス・バレスなどの訳書のほか、『篠沢秀夫最新講義 これからの日本人へ』『だから皇室は大切なのです』など著書多数。 

【関連記事】
歌声失って14年の苦闘、仲間に支えられて復活 ミュージシャン・森友嵐士さん
“お迎えの死に神”に抵抗 元NHKアナウンサー 鈴木健二さん
末期の腎臓がん克服…命の大切さ訴え続け 俳優・小西博之さん
休息も稽古のうち…脳梗塞判明し引退決意 元栃東・玉ノ井太祐さん
弟からもらった命で歌を 腎臓移植から復帰の松原のぶえさん
20年後、日本はありますか?

小学校教諭が6年生に「お前たちは粗大ごみ」(読売新聞)
<自民党>参院選の公認候補発表(毎日新聞)
「宇宙科学研究所」の名称、復活へ=4月から、効率化目指す-宇宙機構(時事通信)
二葉百合子さん、引退へ(時事通信)
「強権的、独善的」生方氏解任で自民、谷垣総裁(産経新聞)

夫婦別姓、選択肢を用意=千葉法相(時事通信)

 千葉景子法相は16日午後の参院法務委員会で、一部の世論調査で選択的夫婦別姓制度への反対意見が半数を超えたことについて「自分に直接かかわりがない問題で、導入しなくてもいいと感じる人がいるのかもしれない」と語った。その上で「女性の社会参画を踏まえ、選択肢を用意することが適切だ」と早期実現を目指す考えを重ねて強調した。
 また、旧姓の通称使用を公的に認める制度については「通称と戸籍名の二つを使い分けることになり、混乱する」と述べ、採用しない考えを示した。森雅子氏(自民)への答弁。同制度は、別姓制度の反対派が代替策として提案している。 

【関連ニュース】
夫婦別姓、反対が55.8%=外国人参政権も賛成少数
連立政権に火種次々=普天間、外国人参政権…
別姓法案提出「あきらめぬ」=千葉法相
中小企業対策、万全期す=鳩山首相
夫婦別姓導入に全力=法相ら

加藤被告への手紙の真意…「事件を知るには加害者を知る必要がある」(産経新聞)
警視庁捜査1課長を配転、元女性職員と問題?(読売新聞)
<参院選>公約策定で政府、党が主導権争い(毎日新聞)
メタボ健診 見直し提言 肥満でない人も循環器病に注意(毎日新聞)
市長自ら美術館長に=国宝展示で文化庁に許可要請-新潟市(時事通信)

鳩山邦夫氏が新党へ強い意欲「連休前」「覚悟できた」(産経新聞)

 自民党の鳩山邦夫元総務相は14日、フジテレビの討論番組に出演し、新党結成の可能性について「4月末からの連休前」と具体的な時期をあげて「覚悟はもう完全にできている」と述べ、自民党の与謝野馨前財務相や舛添要一前構成労働相らとの連携に強い意欲を示した。

  【写真でみる】 最後はこの人? 自民党の“テレビ担当”

 鳩山氏は、幕末に薩長連合の成立に尽力した坂本竜馬を引きあいに出し「私自身が表に出ず、裏方で捨て石でもいい」と述べ、「与謝野馨元財務相や舛添要一前厚生労働相らが一緒になれるよう、坂本竜馬になりたい」と語った。

 自民党を出る理由として鳩山氏は「谷垣禎一総裁の迫力がないからという理由で新党をつくるわけではない」としたうえで、「自民党は賞味期限切れ。政策の中身の問題だけではなく、古くさいしがらみを持ち、いまだに派閥政治をやっている」と説明。新党結成の時期については「夏の参院選を堂々と戦えるタイミング」と述べ、4月末の大型連休前を目指す考えを示した。

【関連記事】
「舛添首相」期待感断トツ! 凋落自民希望の星
舛添氏「新党は与謝野氏が先」 党執行部刷新を強調
民主は今年で消滅? 首相、結党時に「時限政党論」
「みんなの党」渡辺代表ニヤリ 参院選で大化けも!?
舛添氏が新党?「現状に不満なだけ」 中田氏

<抑留議連>抑留者への特別給付金支給 今国会で成立目指す(毎日新聞)
山岡氏、鳩邦“政界再編”に「民主からは1人も…」(産経新聞)
シー・シェパード活動家を逮捕=東京港到着の捕鯨船内で-艦船侵入の疑い・海保(時事通信)
<トキ>9羽の死 順化ケージの金網に62カ所のすき間(毎日新聞)
福岡高裁は「違憲」と判断 「一票の格差」訴訟(産経新聞)

市立佐倉東中学校 またも窓ガラス割られる(産経新聞)

 14日午前2時10分ごろ、千葉県佐倉市高岡の市立佐倉東中学校で、警報機が作動し、民間警備会社の警備員が駆けつけたところ、校舎1階の窓ガラスが19枚割られていたのを見つけた。県警佐倉署では器物損壊事件として捜査している。

 佐倉署の調べによると、割られていたのは、職員室や学習支援室などの窓ガラス19枚。窓ガラスを割るのに使用したとみられるものは残されていなかった。

 同日午前0時半に警備員が巡回したとき異常はなかったという。同校では13日の未明にも、職員室をはじめ、校舎1階にある教室の窓ガラス27枚が割られているのが見つかっており、同署では関連を調べている。

【関連記事】
「ヒマだったから」小学校の窓ガラス104枚割る 千葉の中学生5人摘発
車内から現金310万円など盗難 名古屋のコインパーキング
被害は景品1千万円以上か 東京・小金井で車上荒らし 
TVで間取り紹介直後…人気洋菓子店「マダムシンコ」会長宅に空き巣、3億円被害
2千万円空き巣容疑で4人逮捕 十数件被害に関与か 長崎県警
20年後、日本はありますか?

提訴 YOSHIKIさんら出演料など求め 制作会社を(毎日新聞)
傷害致死容疑、継母再逮捕=5歳児に暴行-兵庫県警(時事通信)
<天皇、皇后両陛下>ルーマニア大統領と会見(毎日新聞)
<鶴岡八幡宮>大銀杏を植え直し 幹を切断、根の再生に期待(毎日新聞)
2010年度診療報酬改定を告示(医療介護CBニュース)

上司と共謀、生活保護費詐取=450万円、元運転手逮捕-大阪地検(時事通信)

 給与収入があるのに生活保護費を受給したとして、大阪地検は4日、詐欺容疑で元トラック運転手八木寿一容疑者(59)と、勤務先だった運送会社役員阿路川宏容疑者(50)を逮捕した。地検によると、容疑を認めているという。
 逮捕容疑は、共謀して八木容疑者がこの運送会社で働いていることを隠し、2007年3月から昨年11月まで、大阪府和泉市から生活保護費約450万円を詐取した疑い。
 地検によると、八木容疑者は昨年9月にスピード違反などで現行犯逮捕された。その後の捜査で、給料が同容疑者の親族名義の口座に振り込まれていたことが分かり、阿路川容疑者の関与が発覚したという。 

【関連ニュース】
カード詐欺容疑で中国人逮捕=組織トップからの伝達役か
教材販売会社社長ら5人逮捕=内職あっせん名目で詐取
生活保護受給者、180万人超に=厚労省
「金地金買った」と詐欺=計1560万相当被害か
上田容疑者を午後再逮捕=トラック運転手強殺容疑

普天間、社・国が移設案提示=月内に政府案取りまとめ(時事通信)
キツネ侵入による事故死、高速会社に「責任なし」 最高裁(産経新聞)
地下鉄サリン、負傷後に死亡の1人に給付金(読売新聞)
<チリ地震>イオンが復興支援金300万円を贈呈(毎日新聞)
黒澤明財団、寄付金3千数百万円が不明に(読売新聞)

ミス福分け娘「亀戸大根どうぞ」(産経新聞)

 伝統野菜を残そうと、江東区亀戸の香取神社で7日、「亀戸大根収穫祭」が行われ、約500本が無料で配布された。

 亀戸大根は江戸末期、同神社周辺で栽培が始まったとされ、長さ約30センチ、太さ約5センチ。強い辛みが特徴で浅漬け用に人気を集めた。宅地化が進んだ大正末期ごろから地元で姿を消し、現在は葛飾区の農家が栽培。地元では商店主らが結成した「かめの会」(福地憲一代表)が提唱し、小・中学校で栽培を続けている。

 この日は、地元の小学生らが栽培した亀戸大根数十本を同神社に奉納、収穫を祝った。境内では「福分けまつり」が開かれ、巫女(みこ)姿の都立江東商高の女子生徒3人がミス福分け娘として登場、「福分け~、福分け~」の掛け声で金色の小づちを振り、用意した亀戸大根を配布。亀戸大根を使ったみそ汁などが振る舞われた。

【関連記事】
09年ミスユニバース日本代表が美と健康の講演会
野菜大好き!「植物工場」にハマッた美人研究者
“ぶっかけるラー油”桃屋の牙城にエスビー挑む
Qちゃん、農業にチャレンジ! 「食の大切さ、発信したい」 
カラフル野菜でヒット狙う 「新しい彩りで食卓をより楽しく」
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

首相と小沢氏、午後に会談 政治とカネ、介護制度改革もテーマに(産経新聞)
船形山遭難事故 男女3人が自力下山(産経新聞)
母の遺体自宅に放置、会社員逮捕=「年金もらえなくなる」-兵庫県警(時事通信)
「次男かわいそう」 埼玉の虐待、母供述(産経新聞)
支持率続落で首相「民主らしさ見えないから」(読売新聞)

<北教組事件>小林議員地元入り 進退「確認のうえで判断」(毎日新聞)

 北海道教職員組合(北教組)の違法献金事件で、民主党の小林千代美衆院議員(41)=北海道5区=は6日、陣営の会計責任者らが逮捕されてから初めて地元入りした。江別市内の後援会事務所で記者会見した小林氏は進退について、「起訴内容を確認したうえで判断したい」と述べるにとどまった。

 小林氏は地元の民主党道議らと今後の対応を打ち合わせた後、記者団の質問に応じた。北教組側からの資金提供については「まったく聞いていなかった」と釈明。会計責任者らへの監督責任については「道義的責任、政治家としての責任はあると思う」と述べた。【久野華代】

【関連ニュース】
北教組事件:参院選への影響「ないと言えぬ」連合会長
北教組事件:会計書類一部処分か 地検が捜索、見つからず
北教組事件:木村容疑者「個人的にお願いした資金」と供述
北教組事件:小林議員が陳謝 会計責任者など4人逮捕で
北教組事件:書記長ら2人で資金捻出 組織的に引継ぎか

アレルギー対策の方向性、新たな検討会で(医療介護CBニュース)
鳩山首相、協議機関「全党協力に期待」=企業献金禁止、今国会で結論を(時事通信)
借金返済「待ってほしい」=事件前、上田容疑者が運転手に-同居男証言・鳥取不審死(時事通信)
自民が「徴兵制」検討? =幹事長、即座に否定談話(時事通信)
2ちゃんねるダウン 韓国からのサイバー攻撃か?(産経新聞)

「追われている」が「お前なんかどうにでもなる」に 女性乱暴容疑の男逮捕(産経新聞)

 一人暮らしの20代の女性方に侵入して女性を乱暴したとして、警視庁捜査1課は2日、強姦と住居侵入の疑いで東京都練馬区上石神井、アルバイト、大坂太一容疑者(35)を逮捕した。同課によると、大坂容疑者は「身に覚えがありません」と否認している。

 同課によると、大坂容疑者はオートロックのマンションに住む女性方の玄関から室内に上がり込み、侵入に気付いた女性に「追われている。事情を聴いて」などと懇願した後、態度を豹変(ひょうへん)させて「組織に言えばお前なんかどうにでもなる」と脅したという。

 同課の調べでは、三鷹市や武蔵野市などで平成19年ごろから、主に20代の独居女性が被害に遭う同様の乱暴事件や強制わいせつ事件などが20件近く発生しており、関連を調べている。

 逮捕容疑は今年2月16日午前4時ごろ、練馬区のマンションに住む女性会社員方に侵入して女性の両手をタオルで縛り、乱暴したなどとしている。

 同課によると、防犯カメラに写っていた自転車の画像や、現場に残されたDNA型などから大坂容疑者が浮上したという。

【関連記事】
神戸で強盗強姦男を再逮捕 現場の体液が決め手 兵庫県警
強姦罪で元県職員に実刑 大分
「私は神と同じ」… 信者にわいせつ容疑の韓国人牧師の素顔
支援者「信仰心につけこみセクハラ」 牧師が女性信者に乱暴容疑
元教諭に1億円求め提訴 性的暴行被害の元教え子ら

4氏の争いに=石川知事選(時事通信)
原口総務相、ツイッターで津波情報流し弁明(読売新聞)
特別交付税、算定・配分方法など見直しへ(読売新聞)
雑記帳 ギネス挑戦、巨大モザイク画…京都(毎日新聞)
調査捕鯨提訴でNZ外相「外交的解決を優先」(読売新聞)

静岡市も5万4837世帯に避難勧告 大津波警報で(産経新聞)

 津波警報の発令を受け、静岡県は28日、沿岸地域の自治体や防災関係者が警戒を強めた。午前11時45分現在、静岡市の沿岸地区5万4837世帯に避難勧告が出され、御前崎市でも避難準備を呼びかけている。

 県危機管理局は午前9時33分、気象庁による警報発令に伴い、関係部局の職員を緊急参集。職員は、沿岸部の市町や出先機関と電話やファクスで情報収集する一方、防災無線や職員の巡回で市民に避難を呼びかけ、防潮堤の水門を閉鎖するよう指示を出した。沼津市は、沼津港に面した大型展望水門「びゅうお」を全漁船の帰港後閉鎖する。

 沿岸部に多くの住民を抱える下田市では、防災無線を通じて市内全域に警報発令と避難を呼びかけた。一部の消防団は詰め所に待機し、非常事態に備えた。

 同市の小沢太紀主事は「今回の津波は昼間に来るということなので、足下の見えない夜間に比べて救いがある。津波到達まで時間があるので、万全を期したい」と気を引き締めていた。

 交通機関では、JR東海道線の富士-静岡間が午後1時半ごろから運転を見合わせる。また、清水港(静岡市)と土肥港(伊豆市)を結ぶ駿河湾フェリーが午後の2便の欠航を決めている。

【関連記事】
着のみ着のまま高台へ…緊迫の避難現場、岩手・山田町
予想される津波、高いところでは3メートルも 大津波警報・注意報が出た地域一覧
東北6県警が援助隊待機 大津波警報で警察庁指示
チリ大地震で死者300人超 M5超余震50回以上発生
沿岸住民に避難勧告、指示 大津波警報発表で太平洋沿岸の自治体

クリスタル・ジャパン熱戦 「勇気もらった」 バンクーバー五輪(産経新聞)
路上強盗、男3人逃走=ナイフ突き付け衣服も-東京(時事通信)
弘道会本部を家宅捜索=みかじめ料要求、組員逮捕-愛知県警(時事通信)
小沢邸にまた銃弾!同封はがきに「ゴキブリ退治」(スポーツ報知)
小林氏進退 小沢氏「本人が決めること」(産経新聞)

国民新・下地氏、普天間移設「混乱すれば次世代に負担」(産経新聞)

 国民新党の下地幹郎国対委員長は25日、都内で開いた自身の政治資金パーティーで、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題について、「県外や国外移設という理想に走ってまた混乱すれば、次の世代に負担を残す。現実的に対応し、15年後に沖縄から海兵隊が撤退する約束を取り付けたい」と強調した。

 これに先立ち、北沢俊美防衛相は同パーティーで、「方向性は一緒だ。代替問題は下地(しもじ)氏が下地(したじ)を作ってくれて、大体、その方向で進んでいる」と述べた。

【関連記事】
岩国での恒常的訓練を否定 FCLPめぐり防衛省
普天間移設、国内案提示を容認 社民、個人の意見を条件
前原氏vs亀井氏、岡田氏vs瑞穂氏 閣内バトル勃発で鳩山崩壊危機
沖縄県議会が「県外」要求の意見書可決 移設に影響必至 普天間問題で
鳩山首相、普天間移設問題で沖縄県議会決議を尊重

<雑記帳>紅白ガニ「めでたい」と水族館の人気者に(毎日新聞)
参院選予備選でネット投票=全国初、自民栃木県連が実施(時事通信)
ウォーリック大学
大阪市長、小沢幹事長らに生活保護制度の抜本改正を要望(産経新聞)
無期懲役を求刑=検察側「死刑回避理由ある」-2人強殺の裁判員裁判・鳥取地裁(時事通信)

首相動静(2月26日)(時事通信)

 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。(了)

追悼のろうそく1762本 JR脱線事故から5年(産経新聞)
<津波>高知・須崎でも120センチ 引き続き警戒呼び掛け(毎日新聞)
燃焼する大阪府市論争の行方は… 橋下府政ウオッチ(産経新聞)
橋下府政の借金は一体いくらなの?(産経新聞)
エンデバー 米ケネディ宇宙センターに帰還(毎日新聞)
プロフィール

さかいりきよかずさん

Author:さかいりきよかずさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。